女性の職場での人間関係!悩みとなる特徴や原因そして対処方法とは

職場での人間関係ほど正直面倒くさいと、一度は思ったことがある人はいるのではないでしょうか。
自分では普通にしているつもりでも、相手次第で良くも悪くも取られてしまいます。だからといって、仕事を転々と変えるのもいかがなものか?
(但し身体的なダメージがある人は別問題になります)
もしかすると自分でも気づかないうちに、人間関係を悪化させているかもしれません。そこで女性同士のあるある的な特徴や原因、そして対処方法をご紹介します。

職場での女性同士の人間関係が複雑過ぎる

職場という閉鎖空間の中で、一日8時間位一緒にいると、嫌でもその人の性格が見えてしまいます。
例えば
・約束していたことを当日になってドタキャンされる
・仕事をしていく上で上手くコミニケションが取りずらい
・時間と共にとても話やすい人
・意外とさっぱりした性格
など、例えどんな理由があっても、女性は上手くやっていく方法を選んでしまいます。中には自分の意思を尊重する人もいるかもしれません。でも多くの女性は、不思議と一人になることが不安で感情を抑えて集団行動をしてしまいます。これが女性ならではの複雑すぎる性格と言えるでしょう。

女性の職場での人間関係の特徴

無視されて孤立してしまう

朝、挨拶をしているのに無視されてしまう、用事があるのに返事をしてもらえない孤立状態。結構辛いものです。
なぜこうなってしまうのかは、見た目だけで判断されてしまうからです。
自分を含め、人は第一印象で防衛本能の壁を作ってしまうため、コミニケションを作れず無視や孤立状態になってしまいます。
ただ相手にもよりますが、話をしていく内に、壁が無くなり上手く付き合うこともできるので、あまり深く考えずに適度な距離感を保つ方が良いでしょう。

うわさ話・陰口・悪口を言う

仕事をする場所にも関わらず、人のあら捜しをして、何かしら相手の悪い部分を見つけるのが一番多いパターンではないでしょうか?
「うわさ話が好きである事ない事を言う」「ランチタイムやトイレで陰口・悪口を言う」ちょっとした隙を見つけて、悪い部分だけを言う人は必ずいるでしょう。
この手のタイプは「自分に自信がない」共通の敵を作り味方を増やす」「上司に認められている」など嫉妬心からくるものです。それがエスカレートしていき、回りから白い目で見られるようになってしまいます。

女性同士の人間関係での原因

人間関係でトラブルになりやすいのは、案外たわいのないことから始まります。中でもあるあるな原因を2つ上げました。

接し方の問題

原因として考えられることは、ほとんどが相手に対しての接し方になってきます。勿論、自分自身も気を付けなければいけない部分になります。
「人によって態度が変わる」
上司や先輩そして男性にと世渡り上手な人。間違っている訳ではないですが、自分にはできないから逆に反感をかってしまい仲間外れの原因になってしまいます。
「威圧的な態度をとる人」
上司や先輩ならば立場上分かりますが、同僚にも関わらず上から目線で言う人。意外にも言っている本人は分かっていません。私が進んで行動しなければいけないという、正義感が強すぎてもめ事の原因になってしまいます。
「気分屋さんの人」
昨日は普通だったのに、今日は朝からご機嫌ナナメになっている人は要注意。
悪気はない人が多いのですが、回りからしてみれば、当たらず触らずにやり過ごしたいと思うようになってしまうので、自然と孤立してしまいます。

マウンティング女子の要因

そもそも「マウンティング」とは、自分の強さをアピールすること。メディアなどで話題となり[マウンティング」する女性を「マウンティング女子」と呼ぶようになりました。
実際に会話や行動の中で、自分がいかに恵まれていて、あなたより自分の方が上だということをアピールされて、イラっとした経験があると思います。
このようなマウンティング女子は、プライドが高く相手より優位に立ちたいと思っています。 現実的に厳しいときもあるでしょうが、できるだけ避けて通るしかないのが現状うと言えるでしょう。

女性の職場での人間関係の対処方法

数ある対処方法の中でも、できるだけ避けて通れるのであれば一番良い方法です。そこでならべく相手に対して、失礼にならない方法をまとめてみました。

誠実に仕事をする

人は色々な性格があるので、全員に好かれることは難しいですし、些細なことでも良くも悪くも取られます。そのためにも「仕事は誠実にこなすこと」きちんと仕事をしていれば、周りから自然と評価されます。
そして仕事上で問題が発生した時にやってはいけないのが、相手の言っていることや行動などで、正しくても間違っていても、同じ土俵に立ってはいけないことです。選択を誤ってしまえば、相手の思うツボになりかねません。

仕事として割り切る

私たちは、人間関係を築くために職場に行っている訳ではありません。生活する上で必要なお給料を貰うために仕事をしているので、正直なところ、人間関係で振り回されたくありません。性格的に合わない人は、何年経っても変わることはないでしょう。
ならば、仕事のためだと割り切って、業務連絡などの最低限度の会話で済ませるようにすることで回避するしかありません。

適度な八方美人になる

仕事として割り切ることも必要ですが、自分にはどうしてもできないと思う人は、適度な八方美人になることです。
たとえ嫌いな人でも仕事上の話はきちんと聞いたり、話をすることは必要です。よく言ううわべだけの付き合い。
適度と言うと難しいかもせれませんが、わざとらしいとかあからさまな態度や言葉にならないように気を付けましょう。

うわさ話や悪口には加わらない

絶対にうわさ話や悪口には加わらないことが大切です。一緒になって話をしたり、うなずいて同調してしまうと、抜け出すことがかなり大変になります。
ちょっとした言動で逆に、自分が的になってしまう恐れがあります。
そうならないためにも、うわさ話や悪口が始まってしまったら、さりげなく用事を思い出したかのように、その場から離れるのが一番です。

解決してくれる時を待つ

お局さまやクセのある女性は、いつまでも1人の人を、ターゲットにはしていません。なぜなら一時的な発作のようなものでもあるので、いつまでも同じ人では飽きてしまいます、ネタ切れにもなります。
もしかすると自分のグループ内で、もめ事が起きるかもしれません。だいたいお局さまたちは、ずっと一人に執着しない病原菌の一種なので、必ず次を見つけます。なので時間と共に去るのを待つしかありません。

職場内の人間関係のルールを把握する

職場のルールを、すべてにおいて行動する必要はありませんが、ルールを知っておくだけでもかなり違います。
最初は難しいかもしれませんが、一つ一つ人間観察していると「この人にはこのようなしゃべり方をすれば良い」「この人には行動に注意した方が良い」など、自然と見えてきます。
もちろん始めは控えめに行動しておいて、相手に対する接し方が分かれば、必要以上にもめ事を回避することができます。

まとめ

女性の人間関係は、なかなか大変なものがあります。できれば良い関係を築ければ一番良いのですが、そう上手くいかない現実もあります。
無理をしてまで仲間に入れば、あとで自分自身が辛くなりますし、ランチや飲み会などを、いつも辞退していれば「付き合いが悪い」「お高くとまっている」など言われて、反感をかってしまいかねません。そうならないためにも、程ほどの距離感で上手く付き合っていくことが、丸く収まる方法とい言えるでしょう。

最初のコメントをしよう

必須