織田信長の生涯!激動の49年の歴史とどのような人物だったのかを紹介

「人間五十年 化天(下天)のうちを比ぶれば 夢幻の如くなり」と亡くなる前に読んだとされる名言は有名ですが、織田信長の49年間の人生とは、どのようなものだったのか?また性格や人柄はどうだったのかを解説します。

織田信長の生涯を簡単に紹介

  • 1534年尾張(現在愛知県西部)の、一地方領主織田信秀の次男として生まれる。(幼少時は吉法師、元服後は三郎信長)
  • 1548年~1549年にかけて、敵対していた美濃の国斎藤道三と和睦。証として道三の娘濃姫(のちの帰蝶)と政略結婚をする。
  • 1552年父信秀が死去し、家督を継ぐことになる。家督継承を機に上総守信長に改名(のちに上総介信長に変更)
  • 1554年那古野城主から本拠地清須城に移る。
  • 1559年京の都に初上洛。13代将軍足利義輝に謁見する。
  • 1560年桶狭間の戦いで今川義元に勝利。
  • 1570年姉川の戦いで、浅井・朝倉氏を破る
  • 1571年比叡山延暦寺を焼き討ちする。
  • 1573年足利義明を追放し、室町幕府を滅ぼす。
  • 同年(1573年)織田・徳川勢と武田勢で三方ケ原の戦いがおきるが、武田勢の勝利で終わる。
  • 1577年手取川の戦いで、上杉謙信の軍隊に撃破される。
  • 1582年本能寺の変がおき信長は自害。49年の人生が終わりました。

織田信長はどんな人物なのか?

幼少年期の信長

1534年に生まれた信長は、すでに気性が激しく乳母も苦労したようです。ちなみに織田家家臣の池田恒興とは、仲が良かったようです。今で言う幼なじみになります。
幼名は吉法師。側室に長男がいましたが、正妻から生まれた初めての息子のため、次男ではあるが嫡男として育てられました。
しかし自由気ままに好きな事をしていたため、世間や織田家家臣からはうつけものと見られていました。ですが父である信秀は、当主としての器を見抜いていたのか、早くから那古野城の当主にするなど、たいそう気に入っていた事から織田家内部でゴタゴタが起きることもありました。

元服から当主になるまでの信長は?

1546年元服。父と共にたびたび戦場に出陣している。
しかし元服しても相変わらずの態度で、母である土田御前も同じ息子でありながら、次男の信勝を可愛がっていました。
また父親の葬儀では焼香の際、抹香を仏前に投げつける行為をする話は有名で、家臣からも、信長を当主として向けえるには、不安な声も上がっていました。

そのためか、教育係である平手政秀は死をもってたしなめるとして自害している。
さすがの信長も平手政秀の死にはかなりショックだったようで、平手を祀るお寺を建立している。うつけと言われながらも優しい一面がありました。この事がきっかけとなり、戦国大名としての自覚を持つようになる。

次に信長に試練を与えたのは、家督相続です。信長にするのか信勝にするのか兄弟間で内乱が起き、信長を甘く見ていた信勝が負けて死去することになる。信長の方が一枚上手だったと言う事です。これで名実ともに信長が織田家当主となる。

天下人・織田信長の歴史

戦(いくさ)との戦い

戦国時代とは言え、信長は様々な戦を経験しています。天下統一のためには、避けて通れない戦でした。ではどのような戦があったのかまとめてみました。

  • 1554年今川勢を破った「村木城の戦い」
  • 1556年斎藤道三が戦死した「長良川の戦い」
  • 1560年今川義元との「桶狭間の戦い」
  • 1566年美濃斎藤氏と「河野島の戦い」では大敗してしまう。
  • 1567年再度美濃斎藤氏に対して「稲葉山城の戦い」結果陥落させる。
  • 1568年南近江の六角義賢と「観音寺城の戦い」
  • 1569年伊勢攻略のための「大河内城の戦い」
  • 1570年浅井長政の裏切りにより「金ヶ崎の戦い」が起きるが、この時は織田軍の敗退となる。信長は策を練り直して、同年浅井・朝倉と「姉川の戦い」が起きる。
  • 1571年浅井・朝倉に加勢した延暦寺を攻める「比叡山延暦寺の焼き討ち」
  • 1572年から武田軍との小競り合いが始まる。「岩村城の戦い」「二俣城の戦い」を経て「三方ヶ原の戦い」に挑むも敗退してしまう。
  • 1573年武田軍は三河の国の野田城を攻略されてしまいます「野田城の戦い」
  • 同年、戦の最中武田信玄が病死して、一旦甲斐の国に撤退。
  • 同じく、朝倉軍もほぼ壊滅状態にした「一乗谷城の戦い」(刀根坂の戦い)浅井長政を自害にさせた「小谷城の戦い」
  • 足利義明との戦で室町幕府を滅亡させる(槇島城の戦い)
  • 1574年は宗教勢力との反乱がおきる「越前一向一揆」「長嶋一向一揆」
  • 1575年武田信玄亡き後、衰退していた武田軍を一気に攻め落とすために「長篠の戦い」がおきる
  • 1576年「天王寺の戦い」1570年頃から石山本願寺と一進一退を繰り返していたが、最終的には戦術と気迫によって信長の勝利となる。
  • 1577年織田軍は上杉謙信に大敗する「手取川の戦い」
  • 1578年上杉謙信が亡くなった事で、上杉家は家督争いとなり、その隙を突いて信長は家臣である斎藤利治・柴田勝家を進軍させて勝利「月岡野の戦い」
  • 二度に渡って毛利水軍と戦われた「木津川口の戦い」
  • 1579年信長が出陣して摂津の有岡城攻略。
  • 1580年織田家家臣羽柴秀吉が三木城攻略。
  • 1581年高野山金剛峰寺を攻め落とす。
  • 1582年武田軍との戦いに終止符を討つ
  • 同年明智光秀の裏切りにより自害する「本能寺の変」

改めて見てみると、物凄い戦をしてきた人物です。まさに激動の人生を生きた事になります。

信長はなぜ居城を転々と変えたのか?

戦国時代の大名たちは、どんなに領土を拡大しても、すべての政(まつりごと)を行う場所である居城を変えることはありませんでした。
理由としては、生まれ育った土地を捨てるという発想がなかったことや、父祖から受け継いだ土地を命をかけて守ることが、当たり前だと考えられていたからです。

そんな戦国時代に常識を覆し、何度も居城を変えたのが織田信長です。
始めて父・信秀から任されて当主となった那古野城から始まり→清須城→小牧山城→稲葉山城(岐阜城)→安土城と、なぜ転々と居城を変えたのか?

  • 那古野城」を居城していた信長。父の死後もしばらくは、この城を居城としていました。
    しかし家臣の謀反がきっかけで信長が立ち上げり、尾張国内を統一します。
    そして織田家の当主は、自分であると見せる意味合いもあり、「清須城」に移ります。他にも清州は東海道・伊勢湾に近い交通の要衝でもありました。

  • 三つ目の居城は「小牧山城」です。斎藤家を攻略するために、美濃に近い小牧山に城を作りましたそして美濃攻めを開始しましたが、あっけなく信長の勝利で終わり、斎藤家の居城・稲葉山城を手に入れました。
    稲葉山城」は金華山上に位置する天然の要塞であり、東海道・東山道をおさえる交通の要でした。信長は小牧山城を出て、稲葉山城に入り岐阜城と名を改めます。
    天下を目指す信長は、京への上洛・畿内掌握を見据えていたため、岐阜城は足掛かりとしては、うってつけの場所でした。

  • 最後に築いたのが「安土城」です。安土城下には、水上交通の要である琵琶湖があり、街道では、北国街道・中山道など主要な街道も通っていました。
    信長は、城下の繁栄や東西南北に通じる交通網も重視していましたし、京へは数時間で往来ができ、尾張・美濃と京の中間に位置していたのです。
    つまり、天下統一の拠点としては、最も適した土地であったことから、安土に城を築いたと考えられます。

信長は、領地拡大・主要な交通網を掌握・京への上洛と、目的を成し遂げるために必要な土地などを見極め、行動したことで天下人になれたのではないでしょうか。

カリスマ性のある政治・経済政策

楽市楽座で町を潤す

商工業者の組合の事を「」と言います。
」に入っている商工業者は、貴族や寺社に税を納める変わりに、関銭(通行税)や市銭などの免除・市場の独占・値段や営業などの協定といった特権を受けていたので、新参者は商売ができず、商業の自由な発展を妨げていました。
信長は市場税もやめ「座」の特権も廃止(楽市)また「座」そのものも廃止(楽座)しました。これにより誰でも自由に商工業を行えるようになり、自然と商売は発展していきました。
また一つの城下町を楽市にするので、商売については課税を行わない事や、往来する商人たちを城下町で宿泊する事を義務付けて、お金を使ってくれるような仕組みも作りました。

関所の廃止で流通を良くする

関所があることで、品物の運送などの妨げとなり、商業の発展が上手くいきませんでした。
そのため関所を廃止する事で、流通の流れを良くしたり、信長の領土が増えるにしたがって、険しい道のりを平らな道にすることや、川には橋をかけ道の両側には松などの植え並木道を作ったりもしました。
その結果、軍隊や物資の輸送がすばやくできるようになった。また品物も早く流通できるようになったので、商業も発達しました。

キリスト教布教の許可をだす

1549年にフランシス・コザビエルは、鹿児島をおさめていた島津藩の許可を得て、キリスト教の布教を始めました。ですが、寺社の邪魔もあり思うように広めることができませんでした。
時がたち1568年に信長が宣教師のルイス・フロイスと会い、キリスト教の布教を許可しました。これによりキリスト教は日本に広まり、信者も増えました。
このとき信長が許可を出したのは「信長に対抗する仏教勢力を弱めること」「南蛮貿易で鉄砲を手に入れて軍事力の強化」「利益を上げること」と言われています。

貨幣の流通

当時のお金の価値は現代では考えられないほど価値が低かったです。
なぜなら、汚れていたら本来の貨幣の価値が低く扱われていました。また偽銭が出回ったりもしていました。他にも、中国のお金も同時に使われていたので、円滑にお金の流通ができていませんでした。
そこで信長は、お金の価値(撰銭令)を決めました。今でいうレートをしっかり定めて円滑に流通をできるようにしたのです。

まとめ

織田信長はまさに激動の人生を生きた人です。「うつけ」と言われながらも、戦や経済の戦略は、カリスマ性がありました。
でも時には、無謀な行動に出る場合もありましたが、もし本能寺の変が起きなければ、その後の織田信長はどうのような人生をおくったのか?見てみたかったです。天命というかこれが歴史なのでしょう。

最初のコメントをしよう

必須